7月22日の経済トピックスをお届けします。トルコで現地時間15日夜、軍の一部がクーデターを企て、軍参謀司令本部を占拠するといった事態が発生しました。最終的に未遂となった今回のクーデターは世界経済に与える影響は限定的であったものの、経常収支の改善がみられつつあったトルコを政局面から脅かすという印象を残しました。(8/5更新:ギュレン師に逮捕状)